Produced by TRIANGLE TRUST

LEGO® SERIOUS PLAY®

レゴ® シリアスプレイ® の技法と専用教材を用いたワークショップ

受講者満足度97%

MENU

  1. ホーム
  2. コラム記事
  3. No.4 自己分析/LSPの有効性について

No.4 自己分析/LSPの有効性について

〜シリーズ〜有効性について

弊社では「レゴ® シリアスプレイ® の技法と専用教材を用いたワークショップ(LSP)」を活用した自己分析を、大学大学内でも実施しております。

1.自己分析は何故必要かの説明

自己分析は、就活のためにやるのではなく、これから社会人として40年、50年仕事をする上で自分を理解して、自分らしい働き方が出来る様になるために、自分を知る事が大切。それが自己理解であり、自己分析である。

2.レゴ®︎ブロックで形を作るのに慣れる

レゴ®︎シリアスプレイ®︎のレゴ®︎ブロックは、大人の人材教育用のもの。市販のものとは違い、かなり複雑な形をしています。その取り扱い、ブロックの説明とどの様に繋ぐのか、まずはブロックを触ってカタチづくりがスムーズに出来る様慣れてもらう。

3.レゴ®︎ブロックで形(作品)を作る

  1. 今までで、一番頑張ったことをレゴで形(作品づくり)にあらわす
  2. なぜ、頑張れたのか、こういう事があったから、の「こういう事」を作品からピックアップ
  3. ②の時から月日が経ち自己成長しています。今なら、さらにどういう結果に繋がる事が出来るのか。
  4. 自己分析は、自分の過去を洗い出して、そこでの出来事から自分の傾向を掴む

*①〜③は、形(作品)づくりの後、ペアの子に指さしをしながら説明、質問に答えた時の「気づき」を付箋(①黄色②青③ピンク)に書きます。そして、3枚を並べて自己分析。そこからの気づきから自分の特徴などを理解します。

*④では、 「何があったから」「何をしたから」どういう結果を手にしたのか。 もう少し詳しく洗い出すのに、「ノイット」を紹介。
https://know-it.co-dictionary.jp/

参加した学生さんは、スムーズに自分自身を見つめ、自分の中にある自分自身を理解する事が出来ました。

紙を前にして、自己分析をするよりも、レゴ®︎ブロックで形(作品)づくりをし、3Dですから、双方向からその作品を見て、自分の中の「何か」を発見する。感想は、やりやすかった。気づきが多かったがほとんどでした。

〜シリーズ〜有効性について

2021.06.07